NFTの始め方

メタバースでできることは?1から分かりやすくオススメも解説!

メタバースアイキャッチ

日々、新しい技術が更新されていくWEB界隈ですが、その中でも革新的で注目度が高いのが「メタバース」です。

2021年 Facebook社が社名をMetaへ変更しました。

これからのメタバース市場へ注力するためであると話題になりましたね。

その後も世界中で大きな企業がメタバースへ注目し、参入を決めています。

でも、そもそも何がそんなに注目されているのかご存知ですか?

 

ここが知りたい!

メタバースってなに?
VRと何が違うの?
何となくは分かるけれど、できることは何があるの?
メタバースは稼げる?

今回はそんな疑問に答える記事を書いていきたいと思います。

 

この記事を読めば分かること

  • メタバースとはなにか説明できるようになる
  • メタバースでできることが分かる
  • サービスが始まってるメタバースは?
  • メタバースは年齢制限ある?
  • 注目のメタバース

 

 

それでは行ってみましょう!

 

メタバースとは

メタバースとは?

まずはメタバースが何かを理解していきましょう。

メタバースはWEB上の「仮想空間」のプラットフォーム

WEB上に作られた仮想空間で、「アバター」をユーザー自身の分身としてコミュニケーションを取ったり、経済活動を行うサービス。

それがメタバースです。

イーサちゃん
Amebaで「アメーバピグ」というサービスがありましたが、あのようなイメージです

ごく最近だと、「あつまれ どうぶつの森」は身近ながらメタバースに近いものです。

 

大手企業も相次いで参入している

先に話したFacebookはもちろん、Microsoft、ファッション業界からはナイキ、テクノロジーの業界からはソニーやパナソニックもメタバース市場へ参入をしています。

日本で知られているだけでもこれだけ有名な企業が参入しています。
世界規模となると、更に多くの企業が参入を表明しています。

メタバース市場は多くの企業が可能性を感じ、投資をしている市場という事ですね。

 

クリエイティブでゲーム性が高い

メタバースのサービスはゲームの様式をしてるものが多くあります。
しかし、メタバースでできることは、アバターを通してのゲームの攻略やコミュニティ活動だけではありません。

メタバースはブロックチェーン技術を基盤としているものが多く、近年話題のNFT(非代替性トークン)の取引、売買もできます。

ビットくん
ユーザーの動き次第では、稼げる見込みも充分にありますよ!

 

メタバースとオンラインゲームの違い

 

ポイント

ゲーム性はオンライン上でのコミュニケーション

 

これだけを聞くと「オンラインゲームと一緒じゃないか。」と思われる方もいるかと思います。

たしかに、アバターを操ってゲームを攻略、コミュにケーションも取れるという所を聞くとオンラインゲームと大差ないのではと感じますね。

オンラインゲームはゲームが主軸なのに対して、メタバースのサービスはゲーム性が主軸ではないというところが違いです。

たとえば、オンラインゲームでアイテムを手に入れてもゲーム内でしか交換、売買できません。

しかし、メタバースでは暗号資産(仮想通貨)としての価値を持っていたり、NFT(非代替性トークン)として取引ができます。

 

メタバースとVRの違いについて

 

ここでVRとの違いを知っておきましょう。

メタバースとVRは親密な関係にありますが、その違いを解説していきます。

 

VRは「仮想現実」

VRは「Virtual Reality」の略で、これも日本語にすると「仮想現実」という意味になります。

メタバースは仮想空間のプラットフォームでありますが、VRは「仮想空間を体験するための技術そのもの」です。

 

VRでできること

ヘッドセットをつけている広告を目にすることも多いかと思います。

あれはHMD(ヘッドマウントディスプレイ)またはVRゴーグルと言って、VRを楽しむための機器です。

ポイント

視界を360°覆われており、それによって映像やメタバースの仮想空間の中へ本当に入り込んだような、高い没入感を得られます。

VRゴーグルを使いメタバースを利用すると、現実の世界では体験できないような映像体験とコミュニケーションが可能です。

今まで以上にVRゴーグルとメタバースが融合することで、さらに高い臨場感を得ることが出来ます。

 

近年になって注目を集めている理由

 

メタバースは2020年代に生まれた技術ではありません。

長い歴史のあるメタバースですが、なぜ今注目を集めているのでしょうか。

 

VR技術の進歩

VRはさかのぼると1960年代に誕生しています。

その後も地道に進化を続け、2016年に「VR元年」と呼ばれるほどに一般へ普及しました。

スマホ向けのアプリの登場やVR機器の登場で、急速に進化しました。

ポイント

メタバースはそのクリエイティビティさと仮想空間での非日常的な映像体験・コミュニケーションが大きな売りなので、VRとは大いに相性がいいと言えます。

 

コミュニケーションのデジタル化

2019年から世界に蔓延した新型コロナウィルス(COVID‐19)の影響で、世界中の人々の暮らしに大きな変化が生まれました。

今現在も2019年以前に戻ることのない状況は、人々のデジタルでの交流の活性化に大きく影響を与えたと言えます。

その中で、インターネット上でコミュニケーションができるという新しい視点で、メタバースが台頭してきたという側面もあるでしょう。

 

多くのメタバースプラットフォームの出現

メタバースの流れが活性化する中で、メタバースプラットフォームも多く出てきました。

ここでは従来のゲームとメタバースを比較して見ていきましょう。

 

あつまれ動物の森(従来のゲーム)

任天堂から2020年に発売されたニンテンドースイッチ専用ソフトです。

これをメタバースと呼ぶか否かはこれまでの説明を振り返ると疑問ではあります。

しかし、メタバースを理解する際に、とても身近な例として分かりやすいものでしょう。

動物の姿をしたアバターを操って、家を自分好みに作るのも、虫や魚を捕まえるのに夢中になるのも、全てはユーザーの自由です。

それにも自分で資金を稼いで活動する必要があるわけですが、そんなところも多くのユーザーを没入させる一端となっています。

 

マインクラフト(従来のゲーム)

Microsoftの子会社「Mojang Studios」より2011年に発売された、通称「マイクラ」と呼ばれるソフトです。

こちらもゲームですが、ユーザーがブロックを自由に配置して家を作ったり洞窟を作ったり、クリエイティビティに長けています。

アバターの外観もカスタマイズできたり、ユーザー同士でサバイバルを楽しむこともできます。

ポイント

ブロックチェーンと繋ぐプラグインも公開されているため、メタバースプラットフォームとして、よりできることが増えていきそうです。

 

The Sandbox(サンドボックス)

サンドボックスのトップページ

仮想通貨をゲームや取引を通して稼ぐことができる、NFTゲームです。

LANDと呼ばれる仮想空間上の土地を所有することができ、これは現実の土地と同じように扱われます。

売買や貸し借りをすることで、SANDと呼ばれる暗号資産(仮想通貨)を稼ぐことができます。

ポイント

既に多くの名だたる企業が土地を所有しており、今後さらに発展が期待されるメタバースのひとつです。

サンドボックス(The Sandbox)についてはコチラ

公式サイトはこちら

 

Decentraland(ディセントラランド)

Decentraland(ディセントラランド)のトップページ

こちらもNFTゲームで、The Sandbox同様に土地(LAND)の運用することで収益を得ることができます。

数多くあるメタバースプラットフォームの中でも、ユーザーが主導して運営をしていける仕組みDAO(Decentralized Autonomous Organization)という「自律分散型組織」が特徴となっています。

また、独自の暗号資産(仮想通貨)$MANAもメタバースの流行へ後押しされて価値が上昇してきており、今後も目が離せないメタバースです。

公式サイトはこちら

 

Everdome(エバードーム)

EVERDOME(エバードーム)のトップページ

コンセプトは「火星への植民」というメタバースです。

その特徴は、圧倒的に美麗なグラフィックです。

ポイント

PS5などのソフト開発でも使用される「Unreal Engine(アンリアルエンジン)」という3Dゲームエンジンを用いて構成がされています。

思わずため息が漏れてしまうグラフィックに圧倒されますね。

Everdomeでは独自の暗号資産(仮想通貨)DOMEが流通しており、NFTの購入や仮想空間の不動産の売買などを行うことができます。

公式サイトはこちら

 

メタバースを始めるのに必要なもの

ここからはメタバースプラットフォームへ参加するために必要なものを解説していきます。

暗号資産(仮想通貨)

メタバースでできることには暗号資産(仮想通貨)が使用されるため、保有は必須となります。

国内の仮想通貨取引所で口座を開設しておきましょう。

ポイント

メタバースによって対応する仮想通貨は異なるので、利用前に説明をよく読んでどの通貨が必要んいなるか確認をおすすめします。

 

ウォレット

保有している暗号資産(仮想通貨)やNFTを補完しておけるため、メタマスクなどのウォレットも必要になります。

 

年齢

仮想通貨を購入するには仮想通貨の取引所の開設が必要になります。

今現在は取引所の開設は未成年ではできないため、仮想通貨を必要とするメタバースプラットフォームは利用できません。

 

メタバースでできること

メタバースは多くの人とコミュニケーションを取れるため、その強みはビジネスに大きな影響を与えます。

ビジネスプラットフォームとしての活用

伊勢丹や資生堂は既にメタバースの店舗を提供しています。

また、メタバースオフィスを持つ企業も増えてきています。

いずれも実際にその場で交流しているように仕事をすすめたり、ショッピングを楽しむことができます。

 

メタバース内でのバーチャルイベントへの参加

メタバース上でイベントを開催する企業も出てきています。

ポイント

会場となるメタバースでアバターなどのデジタルアイテムや、服や飲食物などのリアル商品を購入できたりといったイベントも開催されています。

 

メタバース内で土地やアイテムの売買

前述したメタバースのプラットフォームで土地やアイテムを取引することで、暗号資産(仮想通貨)を増やして収益を増やすことができます。

それによってさらに人脈が広がっていく可能性もありますね。

 

メタバースのメリット

メタバースにおけるメリットを見ていきましょう。

VR機器で得られる高い没入感

まるで本当に過疎空間に入り込んだかのような感覚は、近未来的と言えます。

メタバースを楽しむにあたってVR機器は必ずしも必要不可欠ではありません。

しかし「ある」と「ない」とではその臨場感、没入感は全く違うものになります。

 

ゲームで暗号資産(仮想通貨)を稼ぐことができる

ゲームの様式をしているメタバースが多いため、ゲーム感覚で土地やアイテムを取引できます。

ゲームが好きな方は楽しみながら暗号資産(仮想通貨)を収益として稼ぐことができるでしょう。

 

ビジネスにおいてはコストを抑えられる

リアルな店舗を出すとすれば土地、店舗の家賃、運営中にかかる電気代などがかかってきます。

それらのコストもメタバースであれば抑えられます。

 

国境や人種を超えたコミュニケーション

メタバースであれば、SNSと同様、世界中の多くの方と交流ができます。

それもこれまでの画像とテキストのみの交流ではなく、アバターを通して相手の近くへ立ち、まるでその場で交流しているかのような臨場感を得られます。

 

まとめ

ここまでメタバースについての解説をしてきました。

まとめ

  • メタバースはコミュニケーションや経済活動のできる仮想空間
  • アバターを通してリアルに近いコミュニケーションができる
  • 多くの企業がメタバースの可能性に注目して参入している
  • メタバースプラットフォームはクリエイティブ性が高い
  • NFTの取引を行い、稼ぐことができる
  • VRは仮想空間を体験するための技術そのもの
  • いくつものメタバースプラットフォームが選べる
  • それぞれのメタバース独自の暗号資産(仮想通貨)を利用して取引を行う
  • メタバースの登録には暗号資産(仮想通貨)やウォレットへの登録が必要
  • 土地やアイテムといったNFTの取引で収益を得られる
  • 国境や人種を超えたコミュニケーションが取れる

現実世界とは違い、仮想空間ではできることの多さが桁違いです。

ゲームにしてもビジネスにしても、多くの可能性を秘めているのがメタバースです。

メディアでも多く取り上げられていますが、まだまだ盛り上がるのはこれからでしょう。

登録して仮想空間を体験してみるだけでも面白いですし、今からメタバースに触れて未来に備えてみてはいかがでしょう?
ここまで読んでくださりありがとうございました。

-NFTの始め方
-, , , ,